ホームブログ日々のこと薔薇の季節

2021-06-08

佐久市内も薔薇の見頃を迎えています。

彩り豊かにそこの風景をひきたてて、とっても綺麗です。

私も少し育てていますが、毎朝庭に出るのが楽しみで、良い香りに包まれ嬉しくて何枚も写真を撮ってしまいます。

◆ベンジャミン・ブリテン

オレンジレッドのような、けれど凄く透明感があって、吸い込まれるような魅力的な色合いです。

◆ウィンチェスター・キャセドラル

カップ咲のちょっとミルクがかったホワイトで、ポンポン花をつけます。

咲き始めはほんのりピンクがかっていて、カワイイのです。

◆ジェフ・ハミルトン

この巻き巻きが、凄いのです!!

自然が授けてくれた芸術品だと思う。

◆コンテ・ドゥ・シャンパーニュ

咲き始めは名前の通り、美しいシャンパンイエローですが、だんだん淡いクリーム色になっていきます。

そして、おしべが見える半八重のシンプルな花形が可愛くて、うっとりです。

◆アイスバーグ

清楚・ピュア・凛として・・・という表現が本当に合う。

けれど晩秋、霜が降りる直前まで花をつける健気な強さもあって。

あ~こうゆう人間に私もなりたいな・・・と思います(が、すでに遅し)。

◆ラブソディ・イン・ブルー

名前からして何だか情熱的な、色っぽい紫の薔薇です。

そして散り際がまた、カッコイイんです!

◆ピエール・ド・ロンサール

蕾の開き始めは、淡いグリーン~白~ピンクのグラデーション。

その花形はため息が出る程美しいです。

あまりに人気で有名な薔薇。

庭に薔薇があると、この時期は毎日わくわくと、感動が生まれます。

お家の中の花瓶に挿したり、気持ちもインテリアも華やぎます。

薔薇のある暮らし。ぜひお勧めです。